メディアで紹介してもらった事で思う『ブログを書くことで人生経験が価値を生む』

このブログを本格的に可動し始めて4ヶ月経ちましたが、このたびレバテックさんのメディアでご紹介いただきました。

今回はそちらの紹介と、ブログで『人生経験』を発信することの価値について書いていきます。

レバテック フリーエンジニア「お役立ちコンテンツ」で記事を紹介していただきました

今はフリーランスという働き方が注目されていますが、一番きになるのが『年収』について。

ようするに、本当にフリーランスで生きていけるの?稼げるの?ということです。

こちらのレバテックさんの記事では、実際にフリーランスやっている人たちのリアルな情報を発信しているブログがまとめられているので、参考になります!

【レバテック フリーエンジニアお役立ち情報】賢く稼いで収入アップ!フリーランスの年収にまつわる記事特集

紹介された当ブログの記事は、私がフリーランスなったときに単価を低く設定しすぎて失敗した経験から、フリーランスエンジニアの単価設定についての記事となります。

フリーランスエンジニアは年収いくら稼げる?【リアルなお金の話】

人生経験は発信することで価値になる

今回、私のブログを紹介していただいのですが連絡をいただいた時は驚きました。

このブログはフリーランスになったときに作ったのですが、ずっと寝かせていて本格的に記事を書き初めたのが4ヶ月くらい前からだったので、なにで知ったのかな?と。

元々いくつかのブログを運営していたのですが、そちらではレビュー系の記事がメインで、このブログのように自分経験を発信するのは初めての経験でした。

全く慣れていなくて手探りでしたが、今回の記事掲載のように反応をもらうと、自分の情報発信で何かしらの価値感じてもらえたかなと嬉しく思います。

自分の当たり前を発信して価値を生む

ブログなどで情報発信することは、大きな成功の経験で無くても、「ブログで月1万稼いだ!」というような小さな成功でも価値が生まれます。

それ以外にも社会人であれば、自分にとっては当たり前の仕事の経験にも価値があります。

あとはマネタイズ方法を学んでいけば、ブログで稼ぐことは全然可能ですね。

今後はエンジニアとして働きながらも、もっと情報発信に力を入れていきたい

この記事を書いているのは2018年の年末ですが、来年はもっと情報発信に力を入れていきたいです。

フリーランスとして3年目になりますが、会社員エンジニアとフリーランスエンジニアって実はそれほど差は無く、会社に縛られるかクライアントに縛られるかの違いで、結局は労働者に過ぎないです。

エンジニアとして自分のやりたい事が出来る人生にするには、フリーランスの最大のメリットである自由にできる時間を使って、いかに労働を少なくするかを考えていく必要があると最近は考えています。

その一つとしてブログを書くというのは、始めるのも手軽で良いツールです!

ホントに立場関係なく、情報発信することで自分の人生に価値にできるのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。