未経験が本気でWebエンジニアになれるプログラミングスクールはTECH::EXPERTだけ

昔に比べてプログラミングスクールの乱立しています。

そんな私も営業の仕事からスクールに通ったからこそ、Webエンジニアに転職して10年以上働いてこれました。

当時は無駄にスクールにお金を使うことになり、23歳で90万の学費借金をしたりもしました。

これから本気で転職したいと考えている人に、ダメなスクールを選んで私のようにお金をかけすぎてほしくありません。

なので今回は有名スクールの中で、未経験者がエンジニアになれるカルキュラムを用意しているのはどこなのか紹介していきます。

ちなみにエンジニアには色々ありますが、一番将来性や需要のあるWebエンジニアになるためのスクールになります。

未経験からWebエンジニアに転職しやすいTECH::EXPERT

有名な3スクールを比較(TECH::CAMPとTECH::EXPERTは同じ運営会社)

  • TECH::CAMP:費用を安い。オンライン学習&教室利用。
  • TechAcademy:費用を安い。オンライン学習のみ。教材が結構むずかしい。
  • TECH::EXPERT:費用が高いが転職サポートが優秀。オンライン学習&教室利用。

この中で未経験が転職しやすいと言えるのは「TECH::EXPERT」のみです。

理由は転職サポートが優秀なのと、
学習はハードですが必要なカリキュラムをしっかり用意しているところです。

ネットだとTECH::CAMPとTechAcademyを比較したりする記事も多いですが、
正直両方とも本気で転職したいのであればおすすめ出来ません。

TECH::CAMPとTechAcademyが未経験者におすすめ出来ないところ

TECH::CAMPとTechAcademyは学習時間が短すぎです。
未経験がプロになるには学習時間が足りません。

両方とも4週間〜コースがあって、延長するほどお金がかかる料金設定です。
最短4週間だと13〜14万ほど。

最短コースで考えると「安い」という理由でTECH::CAMPとTechAcademyを選ぶ人も多いと思いますが、未経験からWebエンジニアになるための技術は、それほど簡単には身につきません。

またメンターの質が両スクールとも低いです。

ただ、これは当然です。料金が安いスクールはメンターへの報酬もアルバイト並となります。

TECH::CAMPはコース卒業した学生のアルバイト。
TechAcademyは稼げないフリーランスのアルバイト。

TechAcademyの方が実務をしている人な分マシではありますが、適当は人もいるので運ですね。

両スクールはスクール卒業後すぐに「転職」したい人には向いてませんが、

基礎を身につけてスクール後は転職できるまで独学する気があるのであれば、
料金も安いので選択肢としてはアリです。

TechAcademy [テックアカデミー]

TECH::CAMP(エンジニアスクール)

TECH::EXPERTは、転職サポートと十分なカリキュラムで未経験にはおすすめ

TECH::EXPERTは転職成功率97%と謳っているとおり、
それを実現するために勉強はハードなスケジュールです。

学習時間を500時間と設定しているので、スクール通っている最中は、
ほぼ全ての時間を勉強に使わないといけません。

真剣に転職したいのであれば、教室利用できるコースが良いです。
現在働いているかどうかでコースを選べます。

  • 10週間のコース:1日10時間
  • 半年コース:平時3時間+土日10時間(土日10時間は別の日に振替可能)

TECH::EXPERTの最大の強みである「転職支援」は、本申込前に「選考」を受けてからになります。

選考では、Web上の数学クイズなどもあります。
「論理的思考能力」を試すためのもので、フィボナッチ数列などですね。

面談もあり、本人の事情でスクール卒業後すぐに転職できないような状況だと、
当然選考は落ちます。

本申込は選考結果を受けて、スクールに通うかどうかを決めることになります。

TECH::EXPERT

TECH::EXPERTの選考に落ちたら

TECH::EXPERTの選考に落ちてしまったら…、
私は難易度の低いエンジニア職を目指す事をおすすめします!

TECH::EXPERTをおすすめしたのは、Webエンジニアとしては一番転職しやすいからです。

しかしエンジニアの職種はWebエンジニア以外にもあります。

プログラミングを身に着けて就職しようと考える人は、

プログラミングを学ぶことで、
「今のクソみたいな会社を辞めたい!」
「営業はもういやだ!手に職つけてエンジニアになりたい!」
など目的があると思います。

私も上司にケツを蹴られるブラック企業の営業職から、「自分に自身を持って働きたい」とスクールに通いはじめました。

自分や置かれている環境を変えるツールとして「プログラミング」を学びたいということですね。

確かにTECH::EXPERTで「Ruby on Rails」を勉強することが、Webエンジニアになるのが転職できる確立は高いですが、

HTML+CSS+JavaScriptをメインに勉強して、フロントエンドエンジニアになるという手もあります。

フロントエンドエンジニアへの転職は技術ハードルが低い

フロントエンドエンジニアは学習ハードルは低いです。

その分Webエンジニアと比べるとライバルが多く、転職活動頑張る必要があります。

未経験の面接アピールなどこちらの記事に書いています。

未経験からエンジニアになる!技術ブログで面接アピール

フロントエンドエンジニアの学習であればTechAcademy

HTML+CSS+JavaScriptを学習できるスクールは色々ありますが、
フロントエンドに特化したコースを扱っているスクールは少ないです。

TechAcademyはWebエンジニアのプログラミング学習にはカリキュラム不足だと感じますが、
フロントエンドコースは本人次第では選択肢になります。

本人次第というのは、オンラインスクールなのでモチベーション管理を自分でしっかりするのと、
メンターの質にバラつきがあるので、チャット質問は対応の良いメンターの時にするとかですね。

TechAcademyで学ぶのであればフロントエンドコースの、
HTML+CSS+JavaScriptを集中して学べるコースがおすすめです。

TechAcademy [テックアカデミー]

最後に

プログラミングスクールの料金はTECH::EXPERTのように、まともなところだと40万ほどかかります。
それでも身につくスキルそれだけの価値があります。

私は営業やってたときHTMLの本読んでも理解できない人間でしたが、スクールに通ってなんとかなりました。

これから勉強する人に覚えていてほしいのは、プログラミングって素質とか関係ないです。

理解できるようになるまでの時間は、人によって差はありますがエンジニアには誰でもなれます!

スクールではとにかく課題をこなして、どんどん質問するという姿勢が大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。