未経験者がIT企業に転職するときに登録したい転職エージェント5選

未経験では複数の転職エージェントに登録することをおすすめしています。

よく言われているのは、「数撃ちゃ当たる」という事で母数を増やす事ですが、未経験だと転職エージェントによっては紹介してくれる求人が少ないという理由もあります。

ですので、案件数の多いエージェントやIT専門エージェントなど、タイプを分けて複数登録がおすすめです。

私も未経験の営業職からWeb業界に転職して10年以上働いてきました。

今回はそんな立場から、これから転職活動する人に向けて書いていきます。

未経験がIT企業の転職で登録すべきエージェント

登録すべきエージェントですが5つのサイトをご紹介します。

  • 求人数が多い大手の転職エージェント
  • 中小企業に強いエージェント
  • IT業界専門のエージェント

IT業界専門の転職エージェントは多いですが、未経験求人が少なくいので登録したけど紹介される数が少なすぎる、という事が起こりやすいです。

IT業界専門エージェントであっても求人数が多いサイトに登録していきます。

大手の転職エージェントで求人数が多い

リクルートエージェント
DODA(デューダ)

この2つは日本で最大級の転職サイトになります。
そのぶん「未経験OK」の求人が見つけやすいので、エージェントにどんどん紹介してもらってガンガン応募していきたいです。

中小企業に強いエージェント

マイナビエージェント

マイナビも転職サイトとしては有名ですが、取り扱っている求人が上記2サイトとは少し違っています。
マイナビに載っている求人はWeb制作会社の多くは中小企業やベンチャー企業がほとんどです。
なので「未経験OK」の案件はこちらのほうが見つけやすいかもしれません。

IT業界専門のエージェント

ワークポート

IT・Web業界の老舗エージェントで、今は他業種も取り扱ってはいますが、IT・Web業界に強いです。
IT・Web業界の専門エージェントの中では求人数がずば抜けて多いので登録しておいた方が良いです。

geekly(ギークリー)

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。
どちらかというとスキルアップを目指した転職に強いので、未経験の求人は少なめな印象です。

転職活動では色々なことを「気にしない」ことが大事

転職活動では色々なことが気になると思います。
ただ気にしすぎると転職への動きが鈍ります。

とにかく行動!が最優先です。

  • この転職エージェントの評価ってどうなんだろう…
  • この転職エージェントぜんぜん求人紹介してくれない…
  • 働いていて転職活動しにくい…

この転職エージェントの評価ってどうなんだろう…

転職エージェントの評価なんて気にする必要はありません。

ネットの口コミはあてにならないというのもありますが、転職エージェントは担当者によってもかなり評価が変わってきます。

未経験ではとにかく数応募する必要があるので、転職エージェントの評価を気にするより、紹介された求人案件が変な案件でないかの情報を精査することに時間を使ったほうが良いです。

この転職エージェントぜんぜん求人紹介してくれない…

案件数が少ない転職エージェントやIT業界専門エージェントだとそういう事は起こります。

私も未経験の時に登録時に3件くらい紹介されて、その後一切紹介無しとかありました。

未経験だとぜんぜん紹介してくれない事がありますが、そういう転職エージェントは自分とは合わなかったんだとスルーして次にいきましょう。

働いていて転職活動しにくい…

けっこう転職活動にはついてくる問題ですよね。
しかし、貯金がない場合でも退職してアルバイトしながら仕事探しもアリです。

私はブラック営業の仕事辞めて、新聞配達しながら週1のスクールに通って転職をしました。
しかも当時福岡に転勤していたので、東京に戻って部屋借りるお金なかったので住み込みの仕事です。

そんな崖っぷち状況というのもあり、スクールも転職も鬼気迫る勢いでやっていました。

もし、仕事決まる前では辞められないのであれば、仮病つかって面接にいくしかないです。
とくに今は技術職だと実技試験などもあるので、わりと時間がかかります。

未経験でIT業界に潜り込んだら、まずは一年頑張ってみる

「面接にいくときは、逆に企業を面接するつもりで!」

なんて言われてたりしますが、専門職で未経験だとはじめの会社は選ぶことは難しいです。
しかし、一度経験つんでしまえば転職なんかはすごい楽になります。

未経験から就職できても、もしかしたら聞いてよりも残業が多いなんて事もあるかもしれませんが、まずは一年を目安に頑張ってみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。