フリーランスの収入は不安定?でも不安な気持ちにはならない!

フリーランスになりたいけど収入が不安定なんじゃないか?暮らしていけるのか?
そんな事を悩んで一歩踏み出せない方へ。

私は24歳で一度フリーランスに失敗しつつも、31歳で再挑戦して2年たちました。
フリーランスの収入面が実際のところどうなのか。

また、若い時に失敗した経験も踏まえて、
フリーランスで失敗する確率が高いのはどんな人かも書いていきます。

フリーランスの収入は不安定、でも心に不安はない

フリーランスの収入にはバラツキがあるのは確かです。
私もエンジニアとして仕事をしていて月100万いくこともあれば、0円のときもあります。

では収入面で不安になるかというと、そうでもありません。
理由は大きく分けると2つあります。

  • 生活コストを抑えられる
  • 複数の収入源をつくれる

不安にならない理由1:生活コストを抑えられる

フリーランスは、住む場所が自由で毎日の時間にもすごく余裕がある生活をしています。

そのため私は会社員の頃と今では、毎月の生活費がホントに低くなりました。
具体的にどれぐらい変わったかというと。

  • 会社員の頃の生活費:23万
  • フリーランスの生活費:15万

圧倒的です。

理由としては、家賃と食費です。

会社員の頃は、残業多くてキツかったため会社に近い東京白金近辺に住んでいました。
家賃は6畳1Kで9万です。

食費も、毎食コンビニか外食のため6万くらい。

それが今では、神奈川相模原に引っ越して家賃6万、食費1万5千です。
-7万5千円ですね。

私の場合だと、Web制作で15万稼ぐには1週間仕事すれば良いので、
1年間で最低3ヶ月働けば、生活するには問題ない稼ぎとなります。

そして、生活コストが下がった分、暮らしが貧しくなったというわけではありません。

都心に住んでいた頃より広い部屋で、学生の頃趣味だった料理を毎日して、
会社員の頃では感じたことのない充実した日を過ごしています。

不安にならない理由2:複数の収入源をつくれる

私の場合だと、本業がWeb制作となりますが、
他にも趣味サイトを一年ほど運営していて毎月アフィリエイト収益があります。

フリーランス一年目は、とにかくWeb制作の仕事を限界まで請けて、土日もずっと仕事をしていました。

しかし、これは結局リソースの切り売りで、会社員と変わらないのでは?と疑問がわいてきました。

そこで力を入れ始めたのが、自分の資産となるブログなどです。

とりあえず趣味ブログを作って一年、Web制作の片手間でやっていましたが、それでも月5万ほどの収入になり無視できない額になってきました。

ブログをやってみて気づいたのは、収入を増やすにしても、
クライアントワーク自体を増やすのではなく「ブログ・投資・Webサービス(新規事業)」など全く異なる収入源のほうが良いということです。

クライアントワークは、それこそ怪我して動けなくなったりしたらゼロになりますが、ブログなどは3ヶ月放置しておいてもそれほど収入は下がりません。

フリーランスで失敗する確率が高い人

ここまでフリーランスが不安定でも問題ないという話をしてきましたが、
そのまま逆にして当てはまるようであれば、フリーランスになると厳しい状況になるかもしれません。

  • 生活コストを抑えられない
  • 一本の仕事でフリーランスをやりたい

フリーランスはすんなり成功することもありますが、ほとんどの人は崖っぷちを経験しています。

生活コストを落とせない「都心に住みたい人」「外食や飲みに行くのが大好きな人」は、崖っぷちの状況の時、ギリギリ崖から落ちます。

また、例えばデザイナーがデザイン制作一本だけでフリーランスするというのも厳しいです。
これからの時代フリーランスはどんどん増えていき、若い人ほどSNSやブログなどに積極的です。

ブログをやるならWebマーケティングやライティングのスキルは必須になります。

フリーランスで生きるためならなんでも出来る人でないと、競争には勝てません。

仕事をくれる知り合いがいないと厳しい?

フリーランスは8〜9割知り合いからの仕事です。

フリーランスなった直後は元同僚や友人。

その後、SNSや飲み会でコミュニケーションとった人からのお仕事や、ブログなどで情報発信をしていく事で仕事が受注できたり。

おそらく新卒や若い人の場合は、「仕事をくれる知り合い」なんていない場合が多いと思います。

私が若い時失敗した理由がこれですが、今はクラウドワークスなどもあるので、

経験と実績を積むまではひたすら安い仕事をする覚悟があればなんとかなります。

フリーランスはやることやってれば意外と楽

フリーランスの収入が不安定なのは事実ですが、独身であれば実は結構楽です。
生活コストを抑えやすいので、軌道に乗るまで耐えられやすいからです。

そのかわり堕落しやすい人も割といます。
安定するまで耐えても、その後に現状維持を続けていると気づいたら手遅れになっていることがあります。

これからの時代どんどん新しい人がフリーランスに挑戦してきますので、常に少しづつでも成長していかないといけません。

最後に:フリーランスはブログの知識は必須

フリーランスはブログを書くのは必須かなと思うので、以下の知識はフリーランスになる前から勉強しておいて損はありません。

  1. Webマーケティングの基礎
  2. ライティングの知識
  3. HTML+CSS+WordPressの知識

とりあえずは、Webマーケティングでブログで稼ぐためにキーワードの選定とSEOの基礎が優先で、次にライティング技術。
最後のにHTMLとCSS、できればWordPressですね。

少なくともフリーランスになる前に、「Webマーケティングの基礎」「ライティングの知識」を勉強してブログを作り、記事を書くことに慣れておくことをおすすめします。

独学でWeb制作学ぶ!本ではなく動画で勉強するメリット

人気記事

後で慌てないようにフリーランスになるならやっておきたい事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。